【現場の振り返り】初めてプロジェクト管理をしてわかったこと(4/4)

お仕事ノートシステムエンジニア,要件定義

会社でプロジェクト管理を初めて任されました。
プロジェクトを計画したり、管理するのはとても難しいことをー身を持ってしらされました。
ここでは、うまくいかなかった事どうすればよかったのか?について、前向きに振り返りして行きます。

失敗は成功のもと。何事もポジティブに行きますー。

筆者のスペック

Web開発エンジニア。
自社サービスのディレクターの要件(ざっくり)から要件定義したり工数見積したり開発スケジュールを作って数人プログラマーと開発したり、場合によっては実装したりします。
Javaを使ったシステム開発が得意ですが、出向型の会社で色んな企業を転々としてたので、運用や開発以外の領域も割とそつなくこなしている方です。

【対策3】具体的な表現をするよう意識する

依頼者とのコミュニケーションの仕方

人に頼みごとをするとき自分の話し言葉で発言することが多く、それによりざっくりとしてた伝え方になっており、困らせていたようです。相手の立場に立って考えると確かにどうしてほしいかわからないと思います。
「いつ、なぜ、何を、どうしてほしいか?」まで考えてから伝える。
これも5w1hを元に意識して伝えるよう工夫するようにしました。

また、自分でわからない場合などは2,3分で聞きたいことをまとめ、相手と話すよう意識するようにしました。

まとめ

この振り返りは、これで最終回となります。振り返りをするのは少々しんどい事ではありますが、今後の為を思うとしっかり向き合う事が大事だとわかりました。
これまでの振り返りは、現在実施中で、トライアンドエラーをまた繰り返すこととなります。振り返っただけでは勿体無いので、
今後どうなったかは後ほど記事で掲載しようと思います。

0